山田養蜂場の社長山田英生氏の経歴や自然との調和を大切にする養蜂業!

スポンサーリンク
情報
※このブログではプロモーション広告を利用しています。
※ブログではプロモーション広告を利用しています。

山田養蜂場の創業者は山田正雄氏で徳島で在来種のミツバチを購入飼育を始め名称を「山田養蜂場」としたのが会社の始まりです。ヨーロッパ種の種蜂を仕入れ本格的に養蜂をはじめました。

山田養蜂場がローヤルゼリーを作り始めたきっかけは、先代の山田正雄氏の長女「差栄(さえ)」が、先天性の心臓疾患でうまれました。「娘を健康に育てたい」という一心で始めたのがローヤルゼリーを作るきつかけです。

山田英生氏の2歳下。

成人するまで生きるのは無理があり、体力が付いたら外科手術を勧められ「娘を健康に育てたい」「何とか成長させ心臓の手術を成功させたいという一心でした。

社長は山田英やまだひでお)1957年代表取締役社長です。

プロフィール 1957年生まれ66歳

出身:岡山県

学歴 八幡大学(現九州国際大学)経営学部卒業

大学卒業後は、他の企業に3年間勤務

1983年に創業者の父親正雄氏から26歳で事業を継ぎます。

家族経営の養蜂業から発展して現在は健康食品や化粧品も扱う大きな企業に発展。

2代目として時代に先駆けて通販事業を拡大させてきた日本の実業家です。

岡山県で設立され岡山県苫田郡に本社がありますが、東京港区にも事務所があります。山田養蜂場は地元でも有数な企業となり地域の発展に多大な功績を残しています。

化粧品開発は東京都、通販事業は千葉県。地元岡山と関東、海外へ幅広く展開しています。

そう日本国内でも著名な蜂業者であり、その独自のアプローチと自然との調和を大切にする姿勢で知られています。

スポンサーリンク

山田養蜂場は歴史と伝統の融合をさせてきました

山田養蜂場は、創業以来、日本の伝統的な蜂業の技術と現代のノウハウを融合させてきました。

創業者である山田氏は、蜂蜜の収穫だけでなく、蜂の健康管理にも長けた手法を開発し、そのノウハウは代々受け継がれています。

山田養蜂場は、蜂たちの健康と生態系への影響を最優先に考えています

農薬の最小限使用や、独自の巣箱設計によるストレスの軽減など、蜂たちの自然な生活を尊重しながら、高品質な蜂蜜の生産を実現しています。

スポンサーリンク

山田養蜂場は地域との結びつきと社会貢献活動にも取り組んでいます

山田養蜂場は、地域社会との結びつきも大切にしています。地域の自然環境保護活動や、蜂の生態に関する教育プログラムの提供など、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

その取り組みは、地域住民からの支持を集めています。

山田養蜂場は、長い歴史と専門知識を持ちながらも、常に新しいアイディアを取り入れながら、養蜂業界のリーダーとして存在感を示し続けています。

スポンサーリンク

創業者の山田正雄氏がハチミツこだわった理由は娘の差栄さん!

創業者の山田正雄氏の娘であり、山田英雄氏の妹の差栄さんは、先天性の心臓疾患でうまれました。

山田英生氏の2歳下。

成人するまで生きるのは無理があり、体力が付いたら外科手術を勧められ「娘を健康に育てたい」「何とか成長させ心臓の手術を成功させたいという一心で手を尽くしている時に、当時80代のローマ法王ピウス12世がローヤルゼリーの投与により危篤の状態から奇跡的な回復を遂げます。

このニュースから当時飼育していたミツバチから「ローヤルゼリー」を生産出来ることを知り独自に「ローヤルゼリー」を大量に生産する技術を習得します。

これが山田養蜂場の人気の「ローヤルゼリー」です。

ローヤルゼリーの通販|健康食品|山田養蜂場【公式】
ローヤルゼリーなどの健康食品の通販なら山田養蜂場。税抜3,000円以上購入で送料無料。(一部商品を除く)

「ローヤルゼリー」のおかげで差栄さんは元気に成長しますが、手術の失敗で14歳の生涯を終えます。

その後山田英生氏が後継者として、事業を継ぎ1,990年に通信販売部門を設立ヒット商品を作り販路を拡大して今日に至っています。

山田英生氏が1,995年に代表取締役社長に就任しています。

次男の山田満生氏の観光農園(株式会社」山田みちばち農園が設立されたのが2,008年ですので、すでに15年の歴史があります。

自然環境への敬意と技術の融合が、彼らの成功の鍵と言えるでしょう。

●株式会社 山田養蜂場
●株式会社 ヤマダビーコスメティック
●株式会社 ヤマダビーコミュニケーションズ
●株式会社 ナチュラルガーデン
●ロゼット 株式会社
●株式会社 サプリメントジャパン
●株式会社 pdc
●株式会社 免疫分析研究センター
次男の山田満生氏は山田養蜂場の専務、山田ミツバチ農園の代表。

次男の専務、山田満生氏の観光農園(株式会社」山田みちばち農園が設立されたのが2,008年ですので、すでに15年の歴史があります。

これからも仕事に真摯に向き合っていただきたいですね。

◼株式会社 山田ミツバチ農園
◼株式会社 ビーハッピー
◼株式会社 カガミノフードサービス
◼株式会社 ライフシーズン
◼ ヤマダビー・イースタン・ヨーロッパSRL
◼ 台湾山田養蜂場股分有限公司
◼ 浙江江山山田養蜂業有限公司
■ 山田蜂業商貿(上海)有限公司
従業員はグループ全体で1,600名超え
売上高500億円
山田英生氏は予防医学に基づいた製品を開発するために研究にも尽力、また岡山県内外の小学校、養護学校への図書寄付などの地域貢献にも積極的に取り組まれ新しい仕事を生み出している山田養蜂場。
山田養蜂場の今日の繁栄を支えてきたのは先代の山田正雄氏の一途な思い、それと誠実に仕事に取り組む従業員の力があることを今一度、再確認していただきたいです

<div

>

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメント