書道

書道について体験した事を書いています。

書道

習字を始めるために必要な道具の名前と選び方?習字セットも紹介!

小学校3年生から学校で習字が始まります。 そのために習字セットの案内をもらって来たけど、種類が多くて、どれを選べば良いかわからない? そんな保護者の方でも、経験の無いことは分かりませんよね。 初めての事で分からない子供さんと、保護者の方の参考に習字道具の紹介をします。
書道

習字の筆の使用後は洗うの?筆の正しい扱い方と小筆を洗ってしまった時の対処法

小学3年生から習字の授業が始まります。 学校の授業で習字の後や習字教室で、大筆を使った後、洗ったほうが良いのか、それとも洗わないほうが良いのか、知っておきたい筆の洗い方? この記事では、大筆の洗い方と小筆の扱い方について、正しい手入れについて紹介します。
書道

習字4文字の書き方は?プロが初心者にもわかり易く解説します!

習字(毛筆)でひらがな4文字書く、書き方と言っても習字教室に通っている人は、毎月の競書の課題を書く時や、七夕書道展のための出品作品を書く時、季節によって色々な毛筆を書く時もありまります。 習字教室に通っていない人は、冬休みの課題の提出など、自分で好きな文字を書く自由課題など色々あります。 この記事では、毛筆に慣れるための練習方法と、4文字で毛筆を書くための注意点を紹介します。
書道

毛筆資格とは特技との違いについて?履歴書に資格として書けます!

書道団体の中での資格は、それぞれの独自のもので共通する基準がないために履歴書の「特技欄】には書けますが、「資格欄」には書けません。 履歴書の資格欄に書くためには、毛筆や硬筆の資格取得の検定を受験する必要があります。 この記事では、履歴書に資格として書ける検定について紹介します。
書道

習字の下敷きの選び方!素材と厚みと大きさで書きやすさが変わる!

習字できれいな文字を書くために、練習は大切ですが習字道具を選ぶことは一番大切なことです。 習字道具の中でも、筆とともに大切な道具が下敷きです。 この記事では使いやすい書道用下敷きの選び方を紹介します。
書道

習字の半紙の書き方!文字の書き出しの位置はどこからでしょうか?

習字の半紙の書き方、書き出しはどこから書けばよいのでしょうか? 習字の文字は1文字でも4文字、5文字でも縦書きで書きます。 小学低学年ではひらがなで、高学年になると漢字で書きます。 文字の書き出しの位置は?文字の書き方と名前の書き方を紹介します。
書道

習字で文字がにじんでしまう理由はなぜ?にじまない方法と対策は!

習字を習い始めて、墨で半紙に書いた文字がにじんでしまうとこまりますよね。 毎月仕上げる清書は、きれいな作品を提出したいですね。 筆に墨を付け過ぎないように、気を付けて書いても、にじんでしまう方もいるのではないでしょうか? この記事ではそんな方のために墨がにじまない方法を紹介します。
書道

書道の段位一覧!段位の順番と中学生の段位や師範代のスゴさを徹底解説

書道段位の一覧を見てみたい! 書道を始めたばかりの方は、目指すべき段位がどうなっていろのか予めしっておきたいですよね? この記事で分かること ・書道の段位一覧! ・書道の段位の順番とは? ・書道の段位で中学生は最高何段? ・書道の師範代の凄さとは? この記事では、書道の段位一覧と順番、中学生の最高段位と師範代のスゴさをお伝えします。 それでは早速みていきましょう。
書道

硬筆検定とは一般財団法人硬筆書写技能検定協会の公的資格のこと!

履歴書の資格欄に記入できるのは、一般財団法人日本書写技能検定の硬筆の資格だけです。他の書道団体の硬筆の資格は特技欄にしか記入出来ません。 この資格は6級から5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級があります。
書道

文字「ペン字・鉛筆字」を上手くきれいに書くコツを紹介します!

パソコンが社会に普及浸透して普段は文字を書く機会は少ないと思います。 しかし、公的な機関で書類に記入する機会は昔とあまり変化していませんよね。 この記事では、文字をきれいに書くコツを紹介します。