「赤とんぼ」の歌詞の意味は?幼少時代の実体験を元に書いた歌!

情報
※このブログではプロモーション広告を利用しています。
※ブログではプロモーション広告を利用しています。

童謡「赤とんぼ」この歌は、三木露風の幼少時代の実体験を作詞した物です。

 

「日本童謡の会」(事務局東京 伴和夫会長)が2003年公表した、「好きな童謡について」のアンケート結果は「赤とんぼ」がダントツ1位、得票数でも15%を獲得。                            民間非営利団体(NPO)「日本童謡の会」引用

 

10代から70代以上の世代別でも1位を獲得。

 

「赤とんぼ」を選んだ理由は、母が歌ってくれた、母への思いと重ね合わせているのでしょう。

 

この記事では、「赤とんぼ」の歌詞の意味と三木露風の生い立ちに付いて紹介します。

 

 

 

「赤とんぼ」の歌詞の意味は?

赤とんぼの歌詞は、三木露風の幼少時代の実体験を元に歌詞にした歌です。

1.夕焼け、小焼けの赤とんぼ

 負われて見たのはいつの日か。

 

2.山の畑の 桑の実を 

小籠に摘んだは まぼろしか。

 

3.十五で姐やは 嫁に行き

お里のたよりも 絶えはてた

 

4.夕やけ小やけの 赤とんぼ

止まっているよ 竿の先。

 

第一節の「おわれてみたのは」幼少の頃、姐やに背負われて、姐やの背中越しにみた風景を思い出して書いた詞です。 

 

追っかけるという意味の追われるではなく、姐やに背負われて見たという意味です。

 

1937年(昭和12年)に日本蓄音機商会から発行された「日本童謡全集」でも、三木はコメントを行っています。

 

幼い時の自己をいとおしむ気持ちであった。

 

姐やとあるのは、子守娘である。私の子守娘が私を背に負うて広場で遊んでいた。

 

その時に、背の上で見たのが赤とんぼである。

 

姐や(子守娘)は、実家に戻った母親が息子を不憫に思い、実家の近くから子守奉公を出すように図り、三木は実母には会えないが、たまに、実家に帰る姐やから、実母の近況を知ることが出来た。

 

姐やは嫁に行きという歌詞は、子守奉公は赤貧のための口へらし、というのは貧しいという現実もあるが、誤解を避けるために、十五で姐やは嫁に行き、というのは三木露風が15歳の時に、子守娘(姐や)が嫁に行ったという意味です。 

 

歌詞の3番は姐やが嫁にいってしまって、実母の近況を聞くこともできなくなった、という悲しい歌詞です。

 

幸せそうな風景を描きつつ、家庭内の断絶とその当時の社会状況が分かる詞です。

皆が知っているこの歌詞は、三木露風作詞で1921年8月、山田耕作が1927年に作曲したもので大正10年の童謡です。

 

三木露風や山田耕作にとっても、童謡の代表作で日本で一番愛されている童謡です。

他のアンケートでもこの「赤とんぼ」は常にトップにランクされています。 

 

この歌詞は、三木露風作詞で1921年8月、山田耕作が1927年に作曲したもので大正10年の童謡です。

 

三木露風や山田耕作にとっても、童謡の代表作で日本で一番愛されている童謡です。

他のアンケートでもこの「赤とんぼ」は常にトップにランクされています。  

 

この詩の背景、二人の創作の経緯は以下の本文で詳しく触れています。

 

常設展のご案内 - 霞城館・矢野勘治記念館

 

三木露風が北海道の函館付近のトラピスト修道院で、講師をしている時の作詞で、幼少時代に見た赤とんぼの実体験を作詞したものです。

 

午後4時頃に窓の外を見て、ふと目に付いたのが、赤とんぼである。

竿の先にじっと動くことなく止まっていた。

それを見て、幼少の頃を思い出して、作ったのが「赤とんぼ」です。

 

作詞家三木露風の「赤とんぼ」は、当初「赤とんぼ」と題したこの詩を児童教育雑誌「樫の實」1921年(大正10年)8月号に発表。

 

1927年(昭和2年)1月普段から親交のあった三木露風から贈られた童謡集「小鳥の友」の中の詩に曲をつけます。 

 

童謡「赤とんぼ」に付いて、この歌の作詞は(三木露風)です。

 

三木露風の幼少時代の実体験を作詞したのがこの歌です。

 

歌詞の3番は姐やが嫁にいってしまって、実母の近況を聞くこともできなくなった、という悲しい歌詞です。

 

幸せそうな風景を描きつつ、家庭内の断絶とその当時の社会状況が分かる詞です。

皆が知っているこの歌詞は、三木露風作詞で1921年8月、山田耕作が1927年に作曲したもので大正10年の童謡です。

 

三木露風や山田耕作にとっても、童謡の代表作で日本で一番愛されている童謡です。

他のアンケートでもこの「赤とんぼ」は常にトップにランクされています。 

 

この詩の背景、二人の創作の経緯は以下の本文で詳しく触れています。

 

常設展のご案内 - 霞城館・矢野勘治記念館

 

三木露風が、北海道の函館付近のトラピスト修道院で、講師をしている時の作詞で、幼少時代に見た赤とんぼの実体験を作詞したものです。

 

午後4時頃に窓の外を見て、ふと目に付いたのが、赤とんぼである。

竿の先にじっと動くことなく止まっていた。

それを見て、幼少の頃を思い出して、作ったのが「赤とんぼ」です。

 

作詞家三木露風の「赤とんぼ」は、当初「赤とんぼ」と題したこの詩を児童教育雑誌「樫の實」1921年(大正10年)8月号に発表。

 

1927年(昭和2年)1月普段から親交のあった三木露風から贈られた童謡集「小鳥の友」の中の詩に曲をつけます。

 

幼少時代の実体験を元に作った歌!

三木露風は5歳の時に母親が家を出ていき、母親とは分かれて、祖父に養育されます。

 

現実は子守奉公の姐やに育てられ、その時の思い出を歌にしたものです。

 

1937年(昭和12年)に日本蓄音機商会から発行された「日本童謡全集」でも、三木はコメントを行っています。

 

幼い時の自己をいとおしむ気持ちであった。

姐やとあるのは、子守娘である。私の子守娘が私を背に負うて広場で遊んでいた。

その時に、背の上で見たのが赤とんぼである。

 

幸せそうな風景を描きつつ、家庭内の断絶とその当時の社会状況が分かる詞です。

姐やは、母親のいない三木を可愛がってくれた。

 

 

赤とんぼは、三木のさびしい幼少時代の実体験を元に思い出を歌った歌です。

 

赤とんぼ・三木露風 (一)
赤とんぼ・三木露風 (一) 赤とんぼ・三木露風 (二) 今東川寺境内には沢山のトンボが飛んでいる。 トンボは意外に高く高く飛ぶ。 境内の木々の先にも届かんばかりである。 赤トンボも飛んでいれば、黒いトンボも飛んでいるが、赤トンボの方が色は綺...

 

 

 

 

赤とんぼの「姐や」とお里とは?

「赤とんぼ」の姐やとは、三木露風の子守をした子守娘の事です。

しかも、姐やは実の姉さんではありません。

 

「お里」は姐やの生まれた村の事。

当時は手紙での便りではなく、お嫁に行った姐やの消息を人伝に聞いたり、噂として聞いていたと解釈したほうが相応しいでしょう。

 

 

赤とんぼはなぜ秋の季語?

夏の暑さが和らぐ頃、成熟して真っ赤になったアキアカネが、群れを成して里に下りてきます。

そのために、真っ赤なアキアカネを見て、秋を感じていた。

 

そのために、アキアカネ「赤とんぼ」は秋の季語です。

 

赤とんぼには秋の夕暮れの美しさと切なさが詠まれている!

移ろいゆく時間の中で、失われていくものもあるが、思い出として、時間が経過しても変わらない秋の情景、夕暮れの美しさと切なさを表現した歌です。

 

幼少時代を過ごした故郷を偲びながら、この歌を作り、秋の夕暮れの赤とんぼを見て、郷愁をそそる懐かしさと切なさを上手く表現している歌詞が、「赤とんぼ」です。

 

言葉や文章の力は、言葉の表面にない裏にある実情を知らなくても、書き手の溢れるような思いや、気持ちが不思議と伝わるものです。

 

「赤とんぼ」の歌に、哀愁をおびた、物かなしさと切なさが表れているのは、作詞家の溢れる思いが込められていたからであり、心の拠り所、そのものだからこそ、日本人の心として、時代を超えて歌い継がれるのではないかと思います。

 

 

まとめ

「赤とんぼ」は、三木露風作詞で1921年8月、山田耕作が1927年に作曲したもので大正10年の童謡です。

民間非営利団体(NPO)の「日本童謡の会」(伴 和夫会長)が2003年公表した「好きな童謡について」のアンケート結果、「赤とんぼ」が1位で得票数でも15%を獲得。

10代から70代以上の世代別でも1位を獲得。

三木露風がトラピスト修道院で、講師をしている時の作詞で、幼少時代に見た赤とんぼの風景を作詞したものです。

1番の歌詞 おわれて見たのは、三木露風が幼少の頃、姐やに背負われて見たという意味です。

3番の歌詞 姐やが嫁にいって、実母の近況を聞くこともできなくなった、という悲しい歌詞です。

時間が経過しても変わらない、秋の夕暮れの美しさと切なさを表現したのが、三木露風の「赤とんぼ」です。

「赤とんぼ」は三木露風の幼少時代の思い出から作られた歌です。

日本人の心として時代を超えて歌い継がれる名曲です。

 

移ろいゆく時間の中で、失われていくものもあるが、思い出として、時間が経過しても変わらない秋の情景、夕暮れの美しさと切なさを表現したのが、三木露風の実体験を元にした「赤とんぼ」の歌詞です。

日本人の心のふるさと、素晴らしい名曲「赤とんぼ」、いつまでも歌い継がれることを願っています。

 

最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

宜しければこの記事も読んでください

夕焼け小焼けの「小焼け」の歌詞の意味とは?どこにある童謡でしょうか!
文部省唱歌「夕焼け小焼けで日が暮れて」、誰でも子供の頃に口ずさんだことのある童謡です。 真っ赤な夕焼けの状況や、小学生の頃の事が今でも鮮やかに記憶が蘇るのではないでしょうか? この童謡についてどこにある童謡なのか、それと夕焼け小焼けの小焼けに付いて解説します。

コメント